hiraike32

我輩はエンジニアである、技術はまだない。

新しいMacbookを手に入れたときにやること

f:id:hiraike32:20190413100623j:plain

Macbookを新しく会社で支給されたり、買い替えたりしたときに設定することのメモ。 毎回色々と調べるのは大変なのでまとめておく(随時更新)。

PCの設定

色々な操作がしやすいように、Macbook自体の設定を行う。

  • 一般→外観をダーク
  • Dock→自動的に非表示
  • ディスプレイ→NightShiftをオン
  • キーボード→ファンクションキーとして使用
  • キーボード→ユーザ辞書→アドレスの登録&文頭を大文字にしない
  • キーボード→入力ソース→ライブ変換なし、Windows風のキー操作、バックスラッシュ
  • トラックパッド→タップでクリック
  • 日付と時刻→時計の設定

ブラウザの設定

Google Chromeをインストールして、デフォルトに設定する。

拡張機能のインストール

開発ソフトのインストール

フロントエンド開発に必要なソフトウェアを一通り入れておく。

サイトから

app storeから

エディタの設定

以下の記事に沿ってAndroid Studioの設定をする

qiita.com

vscodeの設定をして、いつでもコードが書けるようにする。

拡張機能を入れる

  • Bracket Pair Colorizer
  • GitHub Pull Requests
  • Japanese Language Pack for Visual Studio Code
  • Material Icon Theme
  • Prettier

ユーザー設定をする

{
  "workbench.startupEditor": "newUntitledFile",
  "editor.wordWrap": "on",
  "window.openFoldersInNewWindow": "on",
  "editor.formatOnSave": true,
  "search.smartCase": true,
  "explorer.confirmDragAndDrop": false,
  "explorer.confirmDelete": false,
  "editor.tabSize": 2,
  "typescript.updateImportsOnFileMove.enabled": "always",
  "javascript.updateImportsOnFileMove.enabled": "always",
  "workbench.iconTheme": "material-icon-theme",
  "git.autofetch": true,
  "breadcrumbs.enabled": true,
  "editor.minimap.enabled": false,
  "typescript.referencesCodeLens.enabled": true
}

$code を有効にする

vscodeCommand + Shift + Pshell を検索してインストール

シェルの設定

以下の記事をもとに、シェルをbashからfishに変更する

【初心者歓迎】bashからfishに切り替えて快適なターミナル環境を構築しよう

言語の設定

  • homebrew

    $/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

  • node

  • yarn $brew install yarn

これで最低限の準備はできたはず。